中田外科胃腸科のホームページです。長崎県大村市古賀島町368-1

胃カメラ

苦痛の少ない胃内視鏡検査

当院では口からの内視鏡検査だけではなく、嘔吐反射が少ない鼻からの内視鏡検査も受けることができます。
鎮静剤などの静脈麻酔を使い、患者さまが眠っている間に検査を受けることも可能です。

がんの早期発見につながる新しい内視鏡技術

がんが早く見つかれば、大きな手術をせずに内視鏡で取り除ける可能性が高くなります。しかし、初期のがんは自覚症状がほとんどありません。早期発見のためには、自覚症状がない段階でも定期的に検診を受けることが重要です。内視鏡検査は、負担の少ない極細内視鏡が登場するなど、どんどん進化しています。

胃の内視鏡検査は、口からだけでなく鼻からも行えます。

経鼻内視鏡検査のすすめ

経鼻内視鏡検査イメージ

最も経鼻内視鏡検査を受けていただきたい方は、以前に口からの内視鏡検査を受けて「おえー」となり、もう二度とやりたくないと考えている方です。経鼻内視鏡検査は吐き気が起きにくく、もう二度とやりたくないと考えていた方の90%以上が、「鼻からならまた受けていい」と回答しているからです。

経鼻内視鏡検査には、こんな特徴があります。

苦痛が少ない

「苦痛が少ない」イメージ

内視鏡は、鼻にスムーズに挿入できる、約5mmの細さです。検査中の苦痛が少ないため、強い麻酔の必要もありません。

吐き気が起きにくい

「吐き気が起きにくい」イメージ

内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることもないので、不快感や吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。

会話ができる

「会話ができる」イメージ

検査中も会話が可能です。質問をしたいとき、気分を告げたいときなど、医師と自由にお話ができるので安心です。

TEL 0957-54-0083

PAGETOP
Copyright © 中田外科胃腸科 All Rights Reserved.